実相寺の神代桜

この日曜月曜で、山梨へ行きました。舅姑の慰安旅行です。

神代桜

実相寺の神代桜は2月の大雪で見事な枝がかなり折れてしまったようで、少々痛々しい姿になっていました。向かって右側の腕は包帯が巻かれています。

実相寺桜

実相寺は武川村山高にあるお寺で、樹齢2千年ともいわれる神代桜が知られていますが、そのほかにも見応え充分の桜の大木が何本もあります。枝ぶりがたいへん個性的なしだれ桜は、翌日見ることになった身延山のしだれ桜の「子桜」でした。

雪が残る南アルプスをバックに大きく枝を広げた薄桃色の桜。実相寺周辺はいかにも山里の春という印象を漂わせていて、おすすめです。まだつぼみの桜も何本もあったので、今週末が見頃になりそうです。

やまくらげ

桜見物客のための物産販売の店が立ちます。ニラのような葉野菜には「やまくらげ 一束400円」と書かれていました。「やまくらげ」ってなんだろー?

武川駒ヶ岳

武川から白州へと続く農道から見た南アルプス。雪解けで水かさがふえ、どーどーと流れる川。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA